色の特徴を理解する

店舗のデザインを行う上で、色は重要な要素のひとつとなっています。例えば飲食店であれば、食欲を刺激させる暖色が使われる傾向にあり、逆に食欲をなくしてしまう青系の色は避けられるそうです。天井に膨張色である白などの進出色を使うと奥行きがあるように見え、広々した印象を与えることができ、黒などの後退色を使うと引き締まった印象を与えることができると言われています。どの色を置くかによって店の印象が大きく変わってくるため、色の特徴をしっかり理解しておく必要があるでしょう。また、色そのものの効果だけではなく、組み合わせである「配色」についても気を配らなくてはなりません。それぞれに効果があるからと好きに色を置きすぎると、まとまりがなくなってしまい、落ち着かない散らかった印象を与えてしまいます。